盗聴・盗撮対策

Wiretap

身近にあるリスクに対応するノウハウ

映画やドラマなどフィクションの中だけにある問題ではなく、盗聴や盗撮を巡るトラブルは、意外なほど身近で発生しています。マンションやアパートなど一般的な住居はもちろん、職場や公共施設などでもこれらの機械が設置、利用されるケースが後を絶ちません。盗聴や盗撮などが疑われる場合は、疑いの段階であってもお気軽にお問い合わせいただける体制を整えております。

盗聴・盗撮って自分には関係ない!?

盗聴や盗撮は身の回りにはない、と思っている方が大半だと思いますが、それは大きな間違いです。盗聴器、盗撮器の販売個数は年間20万個以上だと言われており、それに関わる犯罪件数も年々増加の一途を辿っています。ドラマや映画の世界のとだと考えがちですが、実際には一般のご家庭に取り付けられた事例が半数を占めています。アパートやマンションに一人暮らしの女性に対し、元彼やストーカーが勝手に取り付けたりホテルや職場、公衆トイレなどの場所でも盗聴・盗撮は行われています。

もしかして、と思ったらお気軽に一度ご相談ください。
重大な事件に発展する前に解決することができるかもしれません。

※当社では盗聴器・盗撮器の発見を業務としております。盗聴器・盗撮器を第三者に仕掛けることはお断りしております。